ブログ1年

気がついたら一年経過。
何もかも手探りでたどたどしく始めましたが
優しいコメント下さる方達にも出逢えて
本当に有り難いとおもっています。   (深謝)
それにしてもなんと心忙しい一年だったことか。
深呼吸繰り返しながら、つつがありながらもやっとここまで。
これといったテーマも持たず、カメラはもちろんその技術すら
幼稚極まりなく。
パソコンに向かうのが怖くなったこともありました。
でも、  やっぱり、  にんげん素直が一番
肩の力抜いて
徒然なるままの気持ちで行くとしましょう。


さくら、  ♪ 記念の写真をとりましょうね〜

d0104044_13233981.jpg



スタートを飾ったさくらも、1年経ってまた貫禄が付いてきました。
もう少し、はしゃいでもいいんじゃない?


d0104044_13291284.jpg

[PR]

# by unonosarara60 | 2008-02-22 13:38  

金柑

氷砂糖で煮たら甘さスッキリ!
                                                        
d0104044_023186.jpg


鈴なりに実をつけて寒風のなかに立ってるのが辛そうだったので
刈り込みました。
あまりかまってやれなかったのに
健気にもたくさんのみをつけて。
放任主義とて東国原さんちのように軟らかくはないけど
歯ごたえは ? あります。
今年はもっと、目も、手もかけるわね。
身軽になって
また、新しい命への準備です

お砂糖の着物着て軟らかくなった金柑。
明日は待っている人の所へお嫁入りです。
[PR]

# by unonosarara60 | 2008-02-22 00:28  

紅梅

今日はペットボトル回収日

若い世帯ではかなりの量で吃驚するが、中年(微妙)二人の我が家ではせいぜい夫の晩酌となる焼酎のからボトル。

これと決まるとがんとして貫き通す夫の性格は
最初が肝心で、初めて口にしたものが最上品ということになる。
ずっとずうーっと日本酒党だったときは、酒は秋田生まれの 高清水
幻の酒であれ、吟醸酒であれやっぱり 高清水 にはかなわない(笑)
それが、いつ脳梗塞になってもおかしくないと、
医師に脅されて焼酎に切り替えた。
以来、最初の一本が未だに続いている。
しまった!
もっと安いものにしとけばよかった(笑)
仕事が終えて帰宅して最初の一杯口にするまで、お茶も水も口にせず
冷蔵庫の氷カラカラとグラスに落とし、ぐいと立ち飲み
いやあ、たまりません。の表情。

d0104044_9565636.jpg
                                                           
                                        今朝、あまりの空の青さに見とれていたら紅梅の蕾が・・・
もう、春ですね
今宵満月。                                                  
                                                              
d0104044_9575087.jpg

                                                          
[PR]

# by unonosarara60 | 2008-02-21 10:13  

ひさびさの渋谷・・・

アダプターが壊れてパソコンに電気が入らなくなった。
差し込み口の部品が取れて無くなっている。
さてどんなものだったか。
這いつくばって隅から隅まで探すがみつからない。
仕様がない。
大手の電気器具店へいってみる。
ウーン。Macですか。
えッ  ないの?     ネット販売のようです。
ネットったってパソコンが使えないんだから。
どうやら小さな部品には販売意欲が湧かないらしい。
すごすごと帰宅して  104


d0104044_792528.jpg



ハチ公口に出まして西武デパートを通り過ぎますと神南1丁目の交差点があります。
左に上って行くと左側に用品店の GAP、パルコがありますが
そこの道路を隔てた向かい側です。
ノートでしたら持ってきて頂いたほうが・・・
                                                                                                                  
久しぶりの本当に久しぶりの渋谷です。 


d0104044_7242387.jpg



ありました!  
Tシャツにジーンズの若者がお出迎え
頭上にアップルマークが輝いています
無駄な物は一切省いたようなシンプルなレイアウトの店内には表の看板に日本人の顔を乗せた若者がカウンター越しにてきぱきと応対しています
見回すと若者の中に洒落たおじさんもちらほら
おばさんは居ないなあー


d0104044_8121535.jpg



ノート点検が終わりアダプターを買って店を出る。
あらッ
こんな電話ボックス。

いや、いや、すっかりおのぼりさん気分です。                                                                人混みにちょっと疲れました。
でも、少し若やいで・・・
車窓を流れる景色
ぼんやり流しながら、
この携帯時代、にあの電話ボックスのに入るのは勇気がいるかな・・・

電話ボックスの中のドラマおもったりしました。
[PR]

# by unonosarara60 | 2008-02-18 08:34  

綿帽子

目が覚めたら、予報に違わず一面の雪。
北国の豪雪は地元の人たちにとっては、過酷なもの。
横手盆地生まれの夫は雪の楽しさも怖さも充分知り尽くしていて
幼い頃の雪の話をしてくれる

1年に1.2度は白い物見ないとな、
きっと心からの休日になっていることでしょう。 
                                                      
d0104044_11203085.jpg


隙あらばと、いつも脱走を狙っている我が家の愛猫に
さくら、雪だよ、出てご覧。と、声をかけ、吐き出し口を明けると
尻込みしてコタツの中へ逃げ込んだ。
あら!   やっぱりねこなの   ( 笑い                                     
                                                     
d0104044_1131469.jpg


寒い間はおとなしくしててね
主治医の言いつけを護って遠出を控えている私の身体の中も、少しばかりのわだかまりも、
何でも帳消し!
そんな雪の白さです
[PR]

# by unonosarara60 | 2008-02-03 11:40